in the collaborations 05 / The Scythian Steppes: Seven #Sworcery Songs Localized for Japan

いくつかリリースのお知らせです。
まずは、しばらくリリース出来ていなかったシリーズの五作目“in the collaborations 05″がiTune,Beatport等で配信開始されました。

in the collaborations 05 / Baiyon, Los Updates
01. Take Away My Eyes / Baiyon, Los Updates
02. Take Away My Eyes – Los Updates club classic version / Baiyon, Los Updates
03. Take Away My Eyes – Los Updates x ray vision mix / Baiyon, Los Updates

今回はここ数年親交を深めていてコラボレーションしているLos Updates (Jorge González)とのEPです。元々僕は彼の大ファンだったのですが、ひょんな事から彼から突然コラボレーションしない?とメールが来て二つ返事でOKしたのでした。
そしてこれは一番始めにコラボレーションしたトラックで、もちろん彼の声が大好きだった僕はボーカルを生かしたトラックをとにかく創りたいと思っていました。
最終的にオリジナルミックスと2つのextendedバージョンが出来ました。
是非聞いてみてください。個人的にもとても気に入っていてリリースするずいぶん前からDJでプレーしていた一曲です。

そして、もう一つはremixです。
トロントのインディーシーンが生んだ数々の賞を受賞したカルトヒット iPhone / PCゲーム「Superbrothers: Sword & Sworcery EP」が日本語翻訳して「スキタイのムスメ」としてリリースされるとのことで、それを記念したリミックスアルバムに参加しました。


The Scythian Steppes: Seven #Sworcery Songs Localized for Japan
Lone Star (Baiyon – Just Walking Remix)
タイトルのJust Walking というのにはすこし経緯があって、数年前のGDCに行った時時友人のBrandonに彼らを紹介してもらいゲームをプレーしたのですが、そのとき僕が”It’s just walking!?” 「このゲーム歩くだけなの?」とジョークで言った所彼らがその後いろんなゲームプレーを盛り込んだ、というのを後から聞かされました。リリースされた時のiTuneの説明に書いてあったので最初はなんのことかと思った。笑
で、その後も彼らがその話を講演などでしていた事でそれ自体がジョークとして広まっていたという経緯もあってジョークでこのタイトルを付けました。

今は自分自身が「Just Walking」というジャンルのゲームをたくさん創りたい、と思っています。笑

実際日本よりもっと「空気感、グラフィック、サウンドを楽しむというゲーム」というものがたくさん存在していて僕自身とてもそれに共感しています。

remix自体は原曲もそうだけど、そもそもこのゲームの空気感が大好きなのでそのゲーム全体の空気感みたいな物を表現出来ないかなと思いremixを創りました。
bandcampでフルで視聴出来ますので聞いてみてくださいねー。
ゲーム自体もとても面白いです。iPhoneでもプレー出来るので是非プレーしてみてくださいね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2012/06/28

PixelJunk 4am日本、アジア配信開始


本日PixelJunk 4amが日本、アジアで配信開始されました!
lifelikeから考えるとだいぶお待たせしてしまいました、、し、今回は自分の中でも最長のプロジェクトとなりました。ということで、やっとこうして日本でもリリースされて感慨深いです。

この部分のテクノロジーがすごいとかMOVEの操作感が新しいとか色々あると思うんですが、個人的には4amというすべてを引っ括めた「体験そのもの」として受け取ってもらえたらとても嬉しいなと思います。 

オフィシャルのページではパフォーマーのストリーミングを見る事が出来ます。

では、皆さんのパフォーマンスとても楽しみにしています!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2012/06/05

PixelJunk 4am

Q-gamesとの二つ目のコラボレーション作品PixelJunk 4amがアメリカとヨーロッパで発売されました!

日本の発売は少し遅れて6/5です。

今回は、PlayStation®MoveとPlayStation®Eyeを使いインタラクティブなビジュアルと共に様々なサウンド、エフェクトを駆使して自分のパフォーマンスをリビングルームからPSNを通してライブ配信する事が出来る、というとても斬新なタイトルに仕上がりました。

アート、サウンドディレクション、コンセプト等を手掛けました。

PS3にPlayStation®MoveとPlayStation®Eyeが必要なのですが、今までにまったくない体験に仕上がったので、是非たくさんの方にプレーしてもらいたいです。

今も毎日様々な国の人がプレーしていて、ロケーションも見る事が出来るので、それだけでもとても楽しいですよ。また、パフォーマンスを見るだけであれば、無料のビューワーをPSNからダウンロードすれば、見る事が出来ます。自分がプレイヤーになりたければフル版の4amとMoveとEyeが必要になります。

詳しくはこちらのオフィシャルサイト、またはここここでチェックしてみてください。

それでは、みなさんのパフォーマンス楽しみにしています!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2012/05/28

Steam版 PixelJunk™ Eden

4年前にQ-gamesとコラボレーションし、初めてサウンドとビジュアルを手掛けたゲームPixelJunk™ Eden。リリースからずいぶん経ったにもかかわらずありがたい事に今でもユーザーの皆さんが楽しみ続けてくれています。

そして、今回4年の時を経て新しくPC版としてSteamから発売される事になりました。
また、同時にずっとたくさん問い合わせを頂いていたEncore(拡張版)も収録したサウンドトラックも同時発売されました。

今回はPC版という事もありマウスに最適なように新しくチューニングされていて、さらに最初から拡張版Encoreもセットになって販売されています。

ゲーム本体は$9.99 USD、そしてフルサウンドトラック(Eden12曲+Encore5曲の17トラック)は、$5.99 USDで発売中です。
そして、セットのPixelJunk Eden Soundtrack Bundleが$14.99 USDです。
※サウンドトラックのみを買ってもサウンドトラックをインストールする事は出来ません!インストール後はお使いの機器(iPod等)にコピーして聞く事が出来ます。

PS3で遊んでくれた事がある方も、まだの方も是非一度遊んでみてください。
Steamのページではリリースに合わせてのEdenについての僕のインタビューもアップされているのでそれも合わせてどうぞ!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2012/02/21

Video Keynote for Global Game Jam 2012

Global Game Jam 2012の為のビデオ基調講演がアップされました。
僕のKeynoteは13:50からです。
DoomのJohn Romero氏や、SimCityのWill Wright氏等は日本語字幕が無いですが、ここからダウンロードすると見れます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2012/02/21

Keynote for Global Game Jam 2012

Global Game Jam 2012 Trailer from Adam Barenblat on Vimeo.

今月の27日~29日に開催される48時間以内にゲームを制作するイベントGlobal Game JamのVideo Keynote(基調講演)をする事になりました。どんどんイベントは拡大しているみたいで今年はなんと46ヶ国の243ヶ所で行われるようです。

僕も合わせて全部で4人がKeynoteを行うのですが、シムシティーを創ったWill Wright氏など蒼々たる面々がKeynoteを行うようです。

日本でも各会場が続々決まっていっているみたいでとても楽しみですね。

当各会場でKeynoteのビデオが流れるのですが、後々アーカイブとしてどこかにアップされると思うのでまた報告します。

詳しくはこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2012/01/25

京都太秦ゲームフェスタ


11月26日に太秦映画村で行われる京都太秦ゲームフェスタに4amの日本プレイヤブル展示を行います。13:00からはステージで4amを使ったデモンストレーションパフォーマンスも行います。詳しくはこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2011/11/25

Descanso presents Sembrado 1st Anniversary & “Vibes against Vibes” Release Party

韓国テグでのKGC、中国上海でのGDC Chinaの講演を終えて帰ってきました。
今回はゲームの仕事オンリーで場所はアジア(韓国、中国)となかなか面白い組み合わせで色々考えさせられました。アジアのパワーを見出したり、カオスに圧倒されたり。
また、GDC ChinaではIGFアワードのオーディオ部門のプレゼンターを努めたのですが、学生の素直に喜ぶ姿に勇気付けられました。

講演やアワードのレポート
【GDC China 2011】『Pixel Junk Eden』のBaiyon氏が語るアーティストとゲームそして新作『4am』
【GDC China 2011】中国でも熱いインディーゲームが集った~第3回IGF China表彰式アワード

そして、帰ってきて来週木曜日はDescanso presents Sembradoです。
今回はゲストDJやコンピレーション参加アーティストを招いての先日リリースしたチャリティーコンピレーション “Vibes against Vibes”と一周年のお祝いパーティーです。僕はライブします。

また、 “Vibes against Vibes”ですが、bandcampでも販売を開始しました。
手数料の関係で、こちらでご購入頂くのが寄付に最も効果的です。ご希望の方は販売価格以上の価格で購入する事も出来ます。随時参加アーティストのコメントも追加していっています。よろしくお願いします。

11/24 Descanso presents Sembrado 1st Anniversary & “Vibes against Vibes” Release Party

at club METRO Kyoto
2011.11.24 THU 23:00 OPEN/START
withFlyer 2000yen(w2d) / Door 2000yen(w1d)

Guest DJ.
Kihira Naoki(S.I)

DJ Live:
Shane Berry

Live.
baiyon

DJ.
DiE
Noguci

VJ.
Moairoq

Food.
食堂ルインズ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2011/11/18

Vibes against Vibes

僕が運営しているDescansoより東日本大震災復興支援チャリティーコンピレーション「Vibes against Vibes vol.1 & 2」を発売しました!11カ国のアーティスト、20曲のエクスクルーシヴトラックが収録されています。是非チェックしてみてください。

今回僕は3曲コラボレーショントラックを制作しました。メトロイド、MOTHER等の作曲で知られるHip Tanaka.ex.(田中宏和さん)、I Am Robot And Proud(PS VitaのSound Shapesのオーディオディレクター)、イタリアのアーティストLorenzo Chiabottiとの共作です。アルバムの収益はすべて、mont-bell社のアウトドア義援隊を通じて被災地への義援金として寄付致します。

チャリティーを効果的にする為にもみんなに広めてくれるととても嬉しいです!

また、チャリティーコンピレーションを制作しようと思った経緯ついてはDescansoのオフィシャルサイトに書いありますのでよかったら読んでみてください。

Vibes against Vibes vol.1
1. Extract / Portable
2. Mirage Feat Mia & Christina Wheeler / Yapacc
3. Live At Leeds / Los Updates
4. Small Light / Salmon
5. White Breath Dub / Hip Tanaka.ex, Baiyon
6. Kombek / Jaffa Surfa
7. Pistol Star / Chris Carrier
8. Wood Snacks / Lorenzo Chiabotti, Baiyon
9. Forbidden Planet US / Dandy Jack And The Boo Kings
10. 770 / DJ iToy

beatport / iTunes / Amazon

Vibes against Vibes vol.2
1. TRIAGE / DJ Olive
2. Borderita (L.A.X) / San Proper
3. Lost Highway / AFFKT, Los Updates
4. Lucarne / Takuya Morita
5. Serillo / Shane Berry
6. A00Alt / Farben
7. TV ghost / Akiko Kiyama
8. Firefly / Matt John
9. Round Delay / Eamonn Doyle
10. Madder Red / I Am Robot And Proud, Baiyon

beatport / iTunes / Amazon

詳細はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2011/10/23

Venus Patrol


Independent Games Festivalの議長Brandon Boyerの新しいwebsite”Venus Patrol“のkickstarterプロジェクトで誰でも寄付した人はMetroでのDJレコーディングを貰えるようになってます。
また、他にも寄付の額によってレアなレコードやゲーム等色々貰えるみたいですよ。
あと3日でファンディングも達成してるのですが、興味ある方は是非。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
2011/10/04